デザインのストーリー

Story_Image_01

 

「ストーリー」のあるデザインは、セールストークに役立ちます。

それだけでなく、「ストーリー」があることによって、

そのデザインに愛着が沸き、もの・こと・ひとの、

めざすべき姿の指針にもなり、モチベーションも高まります。

エンピツ・グラフィックスでは、常に「ストーリー」のあるデザインをめざしています。

 

寒川町メインブランドマーク

寒川町メインブランドマーク

町内を流れる川を、寒川神社の八方除に用いられている八角形で囲み、さむかわの歴史と品格、活き活きとした躍動感を表しています。

寒川町サブブランドマーク

寒川町サブブランドマーク

いにしえから人々が長く住み続けている安住の地であることの印(しるし)を、落款のイメージで表しています。

軽井沢バイソンリゾート ロゴデザイン

軽井沢バイソンリゾート ロゴデザイン

ロゴマークは社名のバイソン(アメリカ野牛)の大自然の中で力強くたくましく生きる姿と、自然豊かなリゾート地で信頼される企業のイメージを重ね合わせてデザインしました。 眼光鋭いまなざしのがっしりした大きな体に、少しユーモラスで温かみのあるキャラクターを持たせることで、頼りになって親しみが持てるイメージを表現しました。 コーポレートカラーのブルーは、避暑地である軽井沢の涼やかな空と水の清涼感と、企業の誠実さを表しています。 ロゴタイプもロゴマーク同様の考えでボールドに表現しました。左右の出っ張りはバイソンの角のイメージです。

KOI-OTO ロゴデザイン

KOI-OTO ロゴデザイン

ロゴマークには、KOI-OTOのスペルに使われているアルファベットのK、O、I、Tを組み合わせて、「濃い音」の広がりや、安定感のある力強さを表現しました。

結 YUI ロゴデザイン

結 YUI ロゴデザイン

地元や全国の農産物を活かしたおもてなしで、人々を結びつけるという想いを、「水引」の結び目に、農具の「鍬(くわ)」をあしらって表現しました。

Morooka 創業60周年記念ロゴマークデザイン

Morooka 創業60周年記念ロゴマークデザイン

 “道なき未知を切り拓く” ゴムクローラのパイオニアである同社のイメージを表すために、前へ突き進むダイナミックなゴムクローラをハイコントラストで描き、力強い立体感で表現しました。

SHIGE KOTARO ロゴ・名刺デザイン

SHIGE KOTARO ロゴ・名刺デザイン

ブランドコンサルタント、モータージャーナリストの繁浩太郎氏のロゴと名刺デザインには、以下の様なストーリーを持たせたました。 1.「SHIGE」の真ん中には「I(愛)」という芯が一本通っている。 2. その愛のこもった芯が、悩みを抱えて相談に来られたクライアントのモヤモヤに突き刺さると、 3. 今まで曇っていたモヤモヤが晴れ、緑豊かに繁った木に変わる。 4. そしてやがて、幸せを運んでくるという青い鳥も飛んできてくれる。 このようなストーリーをデザインに持たせることで、名刺交換というクライアントとのファーストコンタクトの際に好印象なコミュニケーションを生み出すことが出来ます。 日刊工業新聞社発行の新製品情報の連載コラム「マーケティングの出番ですか?」に掲載させていただきました。

東和いだますねっと ロゴデザイン

東和いだますねっと ロゴデザイン

狭い器の中に埋もれている「いいもの」を「東和いだますねっと」で、お餅やパンの様にどんどん膨らませて、ひろげていく(ひろめていく)様子を表しています。

釜石復興支援プロジェクト ロゴデザイン

釜石復興支援プロジェクト ロゴデザイン

2011年の東日本大震災で被災された釜石の復興支援活動のシンボル(旗印)となるよう、「釜」の字をベースに、以下のストーリーを考えました。 ・「父(という字)」が、腰に手を当てて、ふんばっている。 ・よく見ると、釜石の名産の「サンマ」が一匹、勢いよく踊っている。 ・釜石には新日鉄があり、かつては鉄鋼の街として栄えたところ。少しだけいびつにした輪郭で囲んだ赤い丸は、燃える炎の中で、力強い鉄に生まれ変わろうとしている「鉄鉱石」のイメージ。 このようなストーリーを重ねて、復興に向けての元気でたくましい姿を表現してみました。

市町村サテライトオフィス東京ロゴ

市町村サテライトオフィス東京ロゴ

全国の市町村関係者が集うオフィスのロゴのデザインに、寺院建築に見られる庭園の景色などを「借景」として切り取る「円窓」をモチーフとして採用しました。その窓から展望する市町村の明るい未来と、市町村の文字が手を取り合う様に一本の道でつながって連携を深めていくイメージを重ねています。

 JOËL ロゴデザイン

JOËL ロゴデザイン

「各国の文化・人々の魅力を尊重し分かち合いながら共に成長していきたい」という想いが込められた 「A world for inclusion」というブランドコンセプトのアルファベットを、地球を表す円の中にバランス良く配置しました。中南米からのフェアトレードということもあり、円はメキシコにある円形の石の彫刻アステカカレンダーもイメージさせています。その想いを表す円(縁)を JOËLの文字が手を差し伸べる様に底支えしています。テーマカラーのブルーは、メキシコの建築家、ルイス・バラガンの建築に見られるような原色の鮮やかで美しい色彩からヒントを得ました。

MAITEロゴ

MAITEロゴ

「MAITE」には、スペインのバスク語で「愛している」の意味があり、また主力商品のひとつアルパカのマフラーを首に「巻いて」ということもあり、それらを表す、人を包み込む様にやさしくクルリと巻いた円弧は、Ecology やEarth などのE(いいこと)にもつながっています。

MAITE ALPACA ロゴ

MAITE ALPACA ロゴ

MAITEブランドの主力商品であるペルー産のベビーアルパカ使用商品のためのロゴデザインには、MAITEの創業メンバーの3名の女性が、トリオで協力し合ってブランドを育てていく様を、3本の色の糸(毛糸)に例え、それらの糸が互いに織りなされて一枚の布になっていくストーリーを表しました。文字の部分は、アルパカのふんわりしたイメージに合わせて、少しぽっちゃりさせて角を丸めたデザインにしました。

大町ほほえむスクエア ロゴデザイン

大町ほほえむスクエア ロゴデザイン

2011年の東日本大震災で被災された岩手県釜石市の大町商店街之更地にオープンした復興のシンボル「大町ほほえむスクエア」のロゴの「大町」の部分は、復興して新しく生まれ変わろうとしている町の地図をイメージさせました。白いラインが道(道路)を示し、カラーの部分が、商店街や住宅街を示しています。その中の「町」の「田」のところの黄色い四角は、「大町ほほえむスクエア」に集まるキッチンカーを表しています。「道」が交差し、「人々」が集まる、そしてそこには美味しい「食」があり、「ほほえみ」が生まれる。そんなストーリーを考えました。

ensou.com ロゴデザイン

ensou.com ロゴデザイン

演奏依頼サイトのロゴとして、演奏家が立つステージとその上で奏でられる音楽の拡がりを、上部をアーチ型にした四角枠で表現しました。 .comのドットの上に弦楽器のパーツを模した逆三角形を付け、「 ! 」マークに似せて、演奏の驚き(サプライズ)を表しています。 ベースカラーのエンジ色とセリフのついたクラシカルなフォントを使うことで、品格、品の良さも表現しています。

上町ロゴ

上町ロゴ

蔵のまち喜多方で多く見かけられる蔵や古民家の日本建築に使われている「格子(グリッドパターン)」をモチーフにして、地域性を表現しました。グリッドの囲みの中を額縁の様にして、その中に絵を入れるなどして、カスタマイズも出来る様になっています。

上町我家ロゴ

上町我家ロゴ

空き店舗の古民家の再生プロジェクトのためのロゴとして、まずネーミングを複数案考え、住民投票で選ばれたのが「上町我家」です。「ワイワイガヤガヤ、カミチョウワガヤ。」というコピーの通り、上町の住人の方々や喜多方を訪れる観光客が「ワイワイガヤガヤ」と集える場所で、昔ながらの家のフォルムを手描きで表現し、窓から漏れる明かりが、中にいる人の気配を感じさせる様にデザインしました。「上町我家」のところも、1本の線でつなげて、人々の連帯感を表しています。カフェやワークショップ、インキュベーションオフィス、ゲストハウスなどで活用されています。

BAKERY IKEQロゴ

BAKERY IKEQロゴ

外枠はホームメイドのベーカリーショップらしい、ふわっと焼き上がった手づくりパンのイメージで、屋号の漢字の「池久」の「久」とアルファベットの「Q」「ひげ」の部分を似た表現にして、遊び心のあるデザインとしました。マークや文字はすべてフリーハンドで描いたものをトレースして、手づくり感を表現しています。

funeロゴ

funeロゴ

全国から選りすぐりの地酒や食材を取り寄せるお店のイメージとして、江戸時代の海運に使われた帆掛け船をモチーフにしました。食材の鮮度、活きの良さは勢いのある荒波で感じていただければと思います。

土沢土産ロゴ

土沢土産ロゴ

「土沢土産」と言う綴りの中に「土」の字が二つあり、その「土」と「土」を並べて、人が手を取り合って未来に向かって元気に歩んでゆく姿を、商店街の繁栄を願ってイメージさせました。土沢商店街は毎年「土沢アートクラフトフェア」というアートイベントが開催されているところでもあり、素朴な手づくり感覚のアート的な雰囲気も入れてみました。

Okinawa Premium Academy ロゴデザイン

Okinawa Premium Academy ロゴデザイン

沖縄の伝説の獣「シーサー」と、伝統的な染物の「紅型(びんがた)」をモチーフに、アカデミーにふさわしい紋章としての風格を表現しました。カラーは沖縄の強い太陽の光と、ものづくりにかける情熱を鮮やかなオレンジで表しています。


ENPITSU GRAPHICS_Logo_00